【東京→名古屋】女2人のヒッチハイク旅!用賀のマックからスタート〈前編〉

2018.9.18

私「ヒッチハイクやったことないんだよね〜😑1回はやってみたいな〜」 友達「ヒッチハイク私経験あるよ!やろう!!」 私「え…?あ…!…や、やろう!!!!」 ゆるめの会話から実現したヒッチハイクの旅、半ばビビりながらスタートしたけれど、すごーーーーく良い旅になったので記録! 「ヒッチハイクやってみたいんだよね」と思っている人のお役に立てれば幸いです!💓

人生初のヒッチハイク、目的地は「名古屋」!

どうせヒッチハイクするなら名古屋の友達に会いに行こう!と目的地が決定。 私、名古屋行ったことなかったので行きたかったんですよね…ナイス!!
当日の持ち物
  • スケッチブック&マッキー
  • 折り畳み傘
  • 各自の着替え類
荷物は最小限。一泊二日に必要な荷物プラス、スケッチブックとマッキー。

名古屋を目指して、ヒッチハイクの聖地「用賀」のマクドナルドへ

「ヒッチハイク 東京 名古屋」で調べると出るわ出るわ「用賀 マクドナルド」 用賀のマクドナルド情報ばっかり!!!! ということで、朝7:30に家を出発してやってきました!用賀駅〜! ここから、ヒッチハイクの聖地と呼ばれているマクドナルドに向かいます。 「え?ねぇ、本当にマクドナルドあるの?」「これ、道あってる?」と、何回も地図を確認してしまうくらい何もない道を歩くのですが、信じて大丈夫です。マクドナルドはあります! 用賀駅から800m、約10分くらい歩きますよー 「着いた〜〜〜!」 と、これから350km離れた名古屋を目指すのに、用賀に到着しただけで騒いでしまいました。 うん。確かに、ここだとインター方面に向かう車を捕まえることができそう…!

スケッチブックに「名古屋方面」と書き、準備バッチリ!!!

「…スケッチブック、なんて書く?」 「確かに…。なんて書いたら止まってくれるんだろ?」 「うーーん、一回名古屋って書いてみる?」 ああああああ始まってしまうよおお!!!! ………いざ参らん!(めっちゃ不安)

名古屋までいけるのか?ヒッチハイク旅がスタート!

風がビュンビュン吹く中、スケッチブックを持って運転手の顔を笑顔でガン見。(と言いながら、その時の写真の顔が険しすぎたのは内緒w) 「お姉ちゃんたち、なんでこんなことやってんの!?」とイケメンに話しかけられ、終わる。 「乗せたいけど2人乗りなんだわ…ごめん!」と小さい車の運転手に突然断られる。 (ちょっと帰りたい…!☺️)   お豆腐メンタルなのでヒッチハイク企画10分で、後悔し始めました。 はぁ……。これ、数時間立ちっぱなしとか、そういうパターンなんだろうな…。   (ピロン♪)

1台目は、まさかのTwitter経由!用賀〜海老名SAまで

  え?なんかTwitterのDMで怪しい連絡きたんですけど…!!! 名古屋まで…!?   どうやらこのツイートを見て連絡をくれた方のよう! 「こんなことあるの…?すごいなぁ…。」と驚きながらも、怪しい…! どうやら休日は長距離のドライブをしながら、頻繁にヒッチハイクをする人を乗せているらしい。   …乗せてもらいました〜!!!(乗るんかーーーーーい!) 怪しい人じゃないかちょっとドキドキしましたが、とっても優しい方でした。 そして車もめっちゃ綺麗!すっごい快適。   長距離の運転が好きということで「名古屋まで送るよ〜」と言ってくださったのですが、今回は念願の初ヒッチハイク。 色んな出会いとドラマを経験したいので、ちょっと近めの海老名SAまでの乗車をお願いしました。 運転手さんの九州までのドライブ話や、私たちの仕事や生活のことを話していると30分はあっという間。 海老名SAに到着し、記念写真をパチリ📷!本当にありがとうございました! 高速に乗ったので、もう後戻りはできません。よっしゃ名古屋までサクッと行きましょう

ヒッチハイクのコツを掴むまで少々苦戦。海老名SA〜足柄SAまで🚙

海老名SAに到着した私たちは、名古屋の友達にお土産を買ってから作戦会議。 スケッチブックに「静岡方面」を追記し、「名古屋方面行きませんか〜?」「静岡方面行きませんか〜?」と乗せてくれそうな人に声をかけまくりました。(ナンパってこういう気持ちなのかな…)   …30分経過   …1時間経過   どうしよう 、捕まらない……と、しょんぼりしながらスケッチブックを下げました。   「そんなんじゃヒッチハイクはうまく行かないぞ?」 と、後ろから突然かかる叱り?アドバイス?の声。 自分の親よりも少しだけ年上くらいのご夫婦が声をかけてくれました。   初めてのヒッチハイクなこと、海老名SAで次の車が捕まらないことを話すと 「よし、足柄SAまで乗せてやる。足柄なら次の車も見つかるはずだ」と、乗せてくれることに!   😭😭😭   しかも「お腹すいただろ?」と海老名SA名物のメロンパンをくれた(感動)   『ヒッチハイクはなぁ、「◯◯行きませんか?」じゃなくて 「どこ行くんですか?」って声をかけるんだ。 じゃないと非効率。断り文句でみんな「そこ行かないです」って言ってくるぞ?』   と、納得のアドバイス。  
ヒッチハイクのポイント
  1. 「名古屋行きませんか?」「静岡方面行きませんか?」と声をかけるのではなくて、「どこ行くんですか?」と声をかける
  2. 大きなサービスエリアor目的地までの車を見つけたら、乗せて欲しいと交渉する
  どうやらこのおじさん、昔日本やアメリカやヒッチハイクをして旅をしていたらしい! 「若いうちはな〜。お金はないけど、こうやっていくらでも楽しめるんだよな!だから乗せたくなったんだよ。困ってただろう?」 こんな会話を1時間ほど楽しみながら、足柄SAに到着。 おじさんは少し強めな性格だったけど、すごーく愛情溢れる方。 一方で、奥さんはすごく、すごく、すごく物腰柔らかくて優しい方。お似合いのご夫婦! 乗せてくれて、メロンパンもアドバイスもいただき、感謝でいっぱいの気持ちに。 …大好きです!ありがとうございました!!! (なんだか、こうやって心があったかくなるような旅ができるヒッチハイク、すごく良い気がしてきた…。)

5分で次の車が見つかった足柄SAはすごい!遂に名古屋へ

足柄SAにて車を降りると、またパラパラと雨が降ってきました。(やばい) 雨がひどくなる前に次の車を見つけたいと、休むことなく声かけスタート!   名古屋方面の看板を手に持ちながら「どこ行くんですか?」と声をかけると 「名古屋。乗ってく?」   え?一発!?さっきのおじさんのアドバイスすごすぎ…。 ってことで名古屋に行けることに〜〜〜!!!!!     すぐどしゃ降り。 (乗せてくれて、本当に、本当にありがとうございます…!)   今回乗せてくれたのは名古屋在住のご夫婦で、弾丸でディズニーランドに行ってきたらしい! 「私、行き先決めて旅行するとか無理なの〜!」って言ってました。すごい(笑)   2人ともアクティブな性格で、すごくお似合いだった! 出会い系サイトで知り合い結婚したらしく、「価値観の合う人を選ぶのよ?」とアドバイスいただきました。 頑張ります!(笑)     途中で浜名湖SAに立ち寄って休憩。 浜名湖SAもヒッチハイクの車が止まりやすいらしいです! 御殿場、足柄で乗る車を見つけるときは、「浜名湖SAまで」と言ってもいいのかも?   休憩で食べたコロッケが美味しかったです(なぜか岐阜県の飛騨牛を選んでしまった😌)   再出発して、そこから1時間半。 名古屋でひつまぶしを食べるなら?お土産を買うなら?と名古屋情報を聞きまくり、あっという間に名古屋に!   そう。名古屋に到着しました。 「ヒッチハイクで」名古屋に到着しました!!!   嬉しすぎて名古屋「Sugakiya」の前で1枚記念撮影!   終始笑顔で名古屋まで送り届けてくれた今回のご夫婦も、素敵だったな〜 ありがとうございました!!!!  

着いたぞ名古屋〜!!!!ヒッチハイク最高♡

「本当に名古屋着いたね…!!!」 最初は不安で不安で、声をかける恥ずかしさもあったけれど、いつのまにか楽しんでいて「あれ、もう名古屋着いちゃった?」くらいの気持ちに。 普段出会えない人と会える楽しさに味をしめた私は、帰りのヒッチハイクも楽しみになっていたのでした。

さらっとおさらい!東京→名古屋、ヒッチハイクの道のりとコツ

東京→名古屋ヒッチハイクルート
  1. 用賀のマクドナルド
  2. 海老名SA(約45分)
  3. 足柄SA(約1時間)
  4. 浜名湖SA(約2時間15分)
  5. 名古屋(約1時間30分)
  今回のヒッチハイク旅、前半戦。 東京から名古屋まで、車を捕まえるための時間も合わせると「6時間」かかりました! きっと今回経験した旅はすごくスムーズなので、スケジュールは6〜8時間見積もっておいた方が安全だと思います。 時間だけでみると新幹線の倍以上。でも思い出作りには最高です👍(笑)。  
当日の持ち物
  • スケッチブック&マッキー
  • 折り畳み傘
  • 各自の着替え類
そして持ち物。正直なところ、特別必要なものは無いかと思います。 でも、車の中で寝てしまうと運転手さんに失礼になので、ガムやミンティアなど、眠気防止グッズを持っていてもいいかも? あと、旅行のカバンはキャリーケースだと運転手さんにも迷惑になるので、リュックにしましょうね!  
ヒッチハイクのポイント
  1. 「名古屋行きませんか?」「静岡方面行きませんか?」と声をかけるのではなくて、「どこ行くんですか?」と声をかける
  2. 大きなサービスエリアor目的地までの車を見つけたら、乗せて欲しいと交渉する
これはどこでヒッチハイクするときでも一緒な内容。 名古屋→東京に戻るときにも、この声のかけ方は有効だったので、ヒッチハイクの際には実践してみてほしいです!   そんなこんなで初ヒッチハイクは終了! 正直、この翌日のヒッチハイクはめっちゃ苦戦しました。泣くかと思った。。 それでは、東京→名古屋編もお楽しみに…!グッバーイ⭐️

関連記事

あなたへのおすすめ