#肉ドレス A5黒毛和牛が3つの味で楽しめる!吉祥寺『絹』の限定ランチ

2018.9.18

「お肉が食べたい。赤い、とろけるお肉が食べたい。」 とにかくお肉が食べたい、お肉、お肉。 と、お肉を食べたい衝動が定期的にくる私。   先日、Twitterでとんでもない情報を見てしまいました。 ……ツヤツヤのお肉に、いくら、うに、半熟卵ですって。

#肉ドレスを求めて吉祥寺へ!駅から歩いて3分「絹」

吉祥寺駅を降り歩いて数分、「牛カツのもと村」が地下1Fにあるビルに到着。 2Fがお目当の「肉ドレス海鮮丼」が食べられる「絹」です。 入り口といい、階段の途中といい、肉ドレス海鮮丼推しがすごい!(笑) お昼12:00に行ったのですが、お客さんがいっぱいで激混み。 でしたが、ラッキーなことに入店時にカウンター席が空きました!(友人とガッツポーズ) メニューを見ると、肉ドレス海鮮丼しかなく、その代わりにウニといくらが増し増しできるシステム…! 「大盛り+ウニ3倍+いくら3倍」で本気出そうと思ったんですけど、すごくすごく迷って、いくら2倍のみにしました(笑) なんだか、ひつまぶしのように3つの食べ方があるみたい。③のお茶漬け風が気になる…。   注文後、入り口付近でのやり取りに耳をたてると「すみません、もうお肉なくなっちゃいました…!」と入店を断ってました。 あと10分遅かったら、私も入れていなかったのかも…。

念願の「肉ドレス海鮮丼」!3つの食べ方で味わう贅沢ランチ

そして待つことおよそ10分。念願の、念願の「肉ドレス海鮮丼」がやってきました! お肉が赤くて、てろんてろんで美味しそう… ツヤツヤでちょっとエロい。

最初は岩塩、次はわさび醬油、最後はお茶漬け風にしていただきます

最初は岩塩をふり、お塩とお肉のシンプルな組み合わせでいただきます。 お肉がテロテロ…!それなのにお肉の繊維がしっかりしていて、すごく食べ応えがある不思議な感覚に。 よく「お肉がとろけます!」っていう表現あるじゃないですか? それとはちょっと違うんですよね。とろけるんだけど、噛むごとにお肉の味がじゅわ〜って出てきます。 そしてわさび醬油で食べる肉ドレス海鮮丼もグッド。 お肉ではないところフォーカスを当てると、トロたくと半熟卵がデーーーーン!と乗っています。 …合格!!!!! 食感と美味しさ、お肉との相性が全部良いんです。食べていて何度も何度も「幸せ〜♡」と言いました(笑) そして最後は、出汁をかけて食べるお茶漬け風。お肉の色がほんのり変わるのも、粋です。 初の肉茶漬け。こういった和風の食べ方は馴染みないと思いますが、これは新発見。すごく美味しい! お肉の鮮度がいいからこそ味わえるような、特別な体験に。   お茶碗を少し大きくしたくらいの小ぶりの丼なのですが、たくさんの食べ方をするからか、最後のお茶漬け風がお腹にくるのか、すごくお腹いっぱいになりました。 こんなに贅沢な気持ちになってお腹いっぱいになって1,600円です。いくら2倍にしても1,900円…!安い…!   大、大、大満足な肉ドレス海鮮丼でした。ごちそうさまでした☺️

吉祥寺『絹』店舗情報!夜は割烹料理屋へ

ランチタイムが終了、お店がしまったタイミングで1枚だけ店内の写真を撮影させてもらいました。 夜は日本酒が豊富な割烹料理屋さんなので、とても店内は落ち着いた雰囲気です。 席数はカウンター、テーブル席と合わせて約15席。4人以上の訪問は難しいかもしれません。   とにかく肉ドレス海鮮丼、皆さんに一度は食べてもらいたいなー!💓
吉祥寺 絹

関連ランキング:居酒屋 | 吉祥寺駅井の頭公園駅

  ではでは!

関連記事

あなたへのおすすめ